あなたは、今どの部分が太っていて悩んでいますか?

くびれ、脚、二の腕、太もも….

 

人によって違うと思いますが
この記事を読んでいる方は
どこかしら太くて悩んでいる方だと思います。

 

私の場合は、お腹でした。
小学生のころから太り始めて中学生のころは、かなりお腹が出てしまい

 

同じクラスメートから、いつも
「デブ」、「魔人ブー」、「お相撲さん」などと言われて
ネタ扱いにされていました、、、
何か喧嘩を売ったわけでないのにも関わらず「なんで自分だけ、、、」と思っていました。

 

今でも、思い出すと
辛くて涙を流しそうになることがあります。

 

そこで、私は何としても
強敵なお腹の脂肪を排除したかったので、

 

縄跳びをしたり夕食後に、走りに行ったりと
1kgだけでも痩せようとしました。

しかし、一向に痩せる兆しは見えてきません。

 

そこで、本屋で立ち読みをしたときに

足裏湿布ダイエットのネタを
仕入れることができました。

 

>>>足裏湿布ダイエットと併用して
2ヶ月で10キロ痩せるダイエット法

 

運動をしたり、食事制限をするのは私は大の苦手で
運動せず、食べては寝てまた食べては寝るという生活の毎日でした。

 

そのため、楽に痩せるダイエットを探していたせいか

足裏湿布ダイエットはすぐさま実行しました。

 

すると・・・

3日ほど経つと脂肪たっぷりのお腹はみるみるうちになくなっていき

体重も、4キロ痩せて

それ以来、クラスの友人からからかわれることは、一切なくなりました。

 

「足裏湿布ダイエット」の説明

足裏湿布ダイエットとは足裏に湿布を張るだけのダイエットです。

 

まず、湿布ダイエットには2種類あります。
気になる部位に貼る「部分やせ湿布ダイエット」と
足の裏に湿布を貼る「足裏湿布ダイエット」です。

 

効果は少し違いますが
どちらもダイエット効果はあるそうですよ。

 

湿布には2種類ありますよね。
冷湿布と温湿布です。

 

どちらも時間が経てば冷たくなりますが
より効果を上げるためにも冷湿布をオススメします。

ただ、足裏湿布ダイエットの場合
冷え性の方は温湿布でもいいと思います。

 

部分やせ湿布ダイエットの効果

なぜ湿布を貼るだけで、ダイエット効果があるのか。
部分やせ湿布ダイエットの場合は湿布を貼った場所の褐色脂肪が
刺激されて活発になるからだそうです。

そもそも、褐色脂肪って?と思う方も多いかと思います。

 

脂肪は、白色脂肪と褐色脂肪の2種類があります。
太りやすい部分に多く存在している
いわゆる”贅肉”と呼ばれるのが白色脂肪です。

 

主に、下腹部・お尻・太もも・背中・二の腕・内臓周り

などにあります。

 

女性がとっても気にしている部分に存在しているのがわかりますね。

一方、褐色は、首周りや肩甲骨にある脂肪でこの脂肪は太る脂肪ではありません。

 

白色脂肪を燃やしてエネルギーに変える
ダイエットにはなくてはならない脂肪なんです。

この褐色脂肪は、寒いと感じると活性化します。

 

人間は体温を常に一定にする恒温動物なので
寒いと感じると体温を上げようとする働きがあるんです。

そうして、褐色脂肪が刺激されると
体温を上げようとして、白色脂肪をエネルギーに変える働きがあるんです。

 

温湿布でも冷湿布でも長時間貼っていると必然的に冷たくなります。

その冷たくなった部分の褐色脂肪が活性化し体脂肪を減らすという仕組みなのです。

 

足裏湿布ダイエットの効果

足裏湿布ダイエットとは血行を良くすることによって
ダイエット効果を得られるものだそうです。

 

「足ツボ」でわかるように
足の裏にはたくさんの血管が集中しています。

この血管を刺激することで血液の循環がよくなり
筋肉も活発に動き出します。

 

筋肉が活性化すると脂肪の燃焼も促進するそうです。

 

それに、
部分太りの原因の1つであるセルライトは
ホルモンバランスの崩れと血行の悪さが原因でできてしまいます。

 

血液の循環を良くすることは
セルライトも有効だそうですよ。

 

ですので、今すぐ湿布を用意することを
頭の中に入れておいてください。

 

もし、家にないまたはあるか怪しいと思うなら、

買い物手帳に湿布を追加するとよいでしょう。

 

P.S

=================

足裏湿布ダイエットと併用して

2ヶ月で10キロ痩せるダイエット

↓ ↓ ココをクリック ↓ ↓

私が本気で取り組んで2ヶ月で10キロ痩せたダイエット

====================

 

足裏湿布ダイエットについて詳しくまとめた動画を掲載しました。

ぜひ、ご覧いただければと思います

  ↓  ↓  ↓

 

最後まで、読んでいただきまして

ありがとうございます。

 

美咲

 

激やせしたい